#

HOMEWebディレクターを助けるひとたち>デザイナー

デザイナー

Webディレクターから話されるサイトのイメージや方向性をくみ取り、 実際にデザインとして一つのものを作り上げる…それがWebデザイナーの仕事です。 実際にサイトのイメージや、商品のイメージさえもグッと良くしてしまうデザイナーの 仕事とはどういったものでしょうか。 デザイナーの仕事を紹介していきます。

トップページデザインの作成

サイト制作にあたって一番はじめにWebディレクターがWebデザイナーに依頼するのがこの【トップページデザイン】です。トップページデザインはそのサイトの顔にあたる部分であり、最も重要な位置を占めます。

なぜそんなにトップページデザインが重要なのでしょうか?

それはトップページのデザインは、ミドルページのデザインにそのまま反映されるからです。 例えば、トップページで使用したカラー(キーカラー)やトップ画像は、ミドルページにも使用されます。なぜならば、 トップページのリンクからミドルページに入っていった時に、まったく違ったカラーや画像が使われていると、ユーザーが 『違うサイトに来ちゃったのか?』と混乱してしまうからです。様々なサイトを見ていただければ、トップページと ミドルページが同じカラー、同じ画像を共有している事が分かって頂けると思います。この様な理由から、トップページのデザイン=サイト全体のデザインとなる事が多く、Webデザイナーさんの一番の腕の見せ所が このトップページデザインとなるのです。

ミドルページデザインの作成

Webデザイナーの出してくれたトップページデザインをクライアント様に見せ、無事OKが出れば次はミドルページのデザインに入って いきます。ここからは比較的楽になり、トップページデザインを踏襲したデザインになっていきます。細かな変更などは入っていきますが、 やはりトップページデザイン制作の苦労に比べれば比較的苦労は少ないようです。

ユーザビリティに配慮したデザイン

Webデザインと紙媒体での広告の違いはこの【ユーザビリティ】にあります。紙媒体のデザインは、あくまで消費者の目を惹きつけ、訴えかけるものがあれば良いのですが、Webデザインの場合は、それプラス 実際に使い易いデザインでなくてはなりません。ユーザーがサイトの中で迷わないように、自分の今どのページを見ているのかが直感的に わかるデザインにしなくてはなりません。また、サイトの目的に従って、ユーザーにどのページを最も見て欲しいのかを考慮に入れながら、 誘導的なデザインにしなくてはならないのです。

BtoBサイト

BtoBサイトとは、企業間取引を主目的としたサイトであり、例えば木材を扱っている会社が建設会社に向けて 発信するサイトなどを意味します。ターゲットが一般的な個人消費者ではなく、仕入れ先などを探している 同業種系のユーザーとなるので、技術力の高さや商品の細かなデータなどを分かり易く解説するようなコンテンツ 内容となる事が多いのが特徴です。下記に非常に整ったサイトデザイン例を挙げてみます。 クライアント様に納得して頂けるBtoBデザインとしては、これぐらいのレベルが要求されるでしょ

BtoC/ECサイト

BtoCサイトとは、企業ー消費者をターゲットを目的としたサイトで、私たちが一般的に最もよく目にする サイトではないでしょうか。主にはECサイトと呼ばれる、買い物カゴが設置されていて商品をネット通販という 形で買えるようなサイトを指します。 ECサイトでは、下に紹介する事例くらいのクオリティが要求されるでしょう。

# コーダー デザイナー ライター
  • 27歳からのWebディレクター
  • ソファー激安通販 Re:CENO
  • ソファー通販:運営日記
カスタム検索

PAGETOP