#

HOMEWebディレクターを助けるひとたち>ライター

ライター

Webライターの仕事は、主にキャッチコピーを考えたり、文章を校正するといったライティングにあります。 クライアント様からお預かりしたパンフレットなどを基に、Webサイト内の文章をまとめていくのです。Webライターの仕事は、ライティングです。 主には、クライアント様からの資料を基にその文章を抜き出し、 SEO対策を施しながら文章の量などを 考えていきます。 『なぁんだ、そんな事か…』と思わず誰にでもできそうな感じもしてしまいそうですが、その実、

  • 限られた資料を基に(クライアント様からの資料は非常に少ない事が多い…)
  • 限られた文字数の中で(デザインとの兼ね合いもあり、また、Webは読み飛ばしされる事が多いので、文章量が多すぎると良くない)
  • SEO対策も施しながら

文章を構成していくのはかなり専門的な知識を要します。 とても専門的な分野の為、Web業界のライターさんは、元紙媒体で経験を積んできたという方が多いのです。 また、そのような専門的な知識を持ってしてもあまりに資料が少ない時には、クライアント様の所へWebディレクターと 一緒に同行し、直接取材をする事も多々あります。

リライト作業

Webライターは、一から文章を書き起こす事も当然ありますが、パンフレットなどの文字を拾い上げて、 構成し直す リライトという作業も主な職務の一つです。 ユーザーにとって読みやすい文章でありながら、 適切な文字数で表現し、SEOライティングも考慮に入れていく…という 作業を30〜100ページぐらいの ページ全てにおいて実施していくのです。

Webライター使用ツール

WebライターやWebディレクターが使用するツールとして【ストーリーエディター】というソフトがあります。 これは、【サイトツリー図】を基にページを管理できるソフトです。ここには、Webディレクターが大見出し(H1)や 中見出し(H2)、 画像の指定などをある程度まで書き込んでいき、それに従ってWebライターは細かな校正を掛けたり、 ライティングを施していくのです。

SEOライティング

SEOライティングとは、SEO対策に最大限効果を発揮するように、キーワードの出現頻度を考えながら文書をライティングしていく事を指し、 Webでのライティングの基本です。具体的に言いますと、サイト構築において最も最初の段階でWebディレクターはそのサイトの 【キーワード】というものを 設定し、そのキーワードに基づいてコンテンツを考えていきます。SEO対策では、その設定したキーワードがどのくらい文章中で使用されているかが、上位表示の鍵の一つを握っていますので、 ライターは、美しく読みやすい文章を構成していく中にも、このキーワードの出現頻度を頭に入れておかなくてはならないのです。

# コーダー デザイナー ライター
  • 27歳からのWebディレクター
  • ソファー激安通販 Re:CENO
  • ソファー通販:運営日記
カスタム検索

PAGETOP