#

HOMEWebディレクターのお仕事>Webディレクターのお仕事:ワークフロー

Webディレクターのお仕事:ワークフロー

Webディレクターの1日の仕事はどういった流れで動いているのでしょう?朝の出勤からメールのチェック、外出してクライアントとの折衝、制作の人々との打ち合わせ、営業さんやサポート担当の人々との打ち合わせやすり合わせなどWebディレクターの仕事は 多岐に渡りますが、簡単に1日の流れを見ていきましょう。

9:00AM 出勤 ⇒ メールチェック&RSSチェック

まず朝一番に出社してする事は、メールのチェックです。クライアント様とのやり取りはメールでする事が多いので、朝一番にまずはメールをチェックしていきます。 この時間の社内は、みんな出社したばっかりでゆっくりとした空気が流れています。 私は、この時間は朝食のパンを食べながら メールを返したり、メールが来ていない時は、 Yahooのニュースを見たりしながら過ごしています。


11:00AM 出勤 ⇒ クライアントへ連絡

だいたい午前中のこのくらいの時間になると、メールに対するクライアント様からの返信があったりします。 そのままメールにて連絡を取っていてもいいのですが、重要な話をする時は、直接電話をして話をした方が、 早く決定したりします。ので、これくらいの時間帯は電話をしている事が多いかと思います。

1:00PM クライアントと打ち合わせ

お昼ご飯を食べた後、予定によってはクライアント様の下へ出向き、打ち合わせをします。 これは、サイト制作の一番最初の顔合わせであるキックオフミーティングの時や、ミドルページの デザイン打ち合わせ、 また、Webライターと同行しお客様へ取材する時など目的は多岐に渡ります。 頻繁にお客様と顔を合わせて、密な打ち合わせが出来ればベストなのですが、Webディレクターや クライアント様両方の 時間の都合などもありなかなか頻繁にという訳にはいかないのが現状です。

4:00PM 帰社 ⇒ 社内打ち合わせ

お客様と打ち合わせをして決定した事項は、すぐさま社内に帰り、制作チームと情報共有します。 Webディレクターはクライアント様への気配りだけではなく、仕事がスムーズに進むように、 制作チームを動かすのも 重要な仕事なのです。

6:00PM 各種雑務の処理

基本的に夕方6時にて一日の出勤は終了なのですが、なかなか順調に終われない時もあります。 Webディレクターはクライアント様からの要求があれば出来る限り迅速な対応が求められる為、 それらの雑務を こなしていく事になります。また、Webディレクターの指示が無いと制作チームは 動き出せないので、それらの 指示を出したり、質問に答えたりしていきます。

8:00PM 退社

このぐらいの時間には、ある程度目処をつけて帰宅します。 Webの業界は終電で帰ったり、徹夜するのが当たり前になっているという話もよく聞いたりしますが、 私の会社ではこのぐらいの時間に帰る人もたくさんいます。遅くまで仕事をしなくては終わらないときも ありますが、 しっかり時間内に仕事を終える事も重要なのです。

# Webディレクターのお仕事:ワークフロー Webディレクターのお仕事:キーワード選定 Webディレクターのお仕事:ツリー図作成 Webディレクターのお仕事:ドメイン設定Webディレクターのお仕事:デザイン提案
  • 27歳からのWebディレクター
  • ソファー激安通販 Re:CENO
  • ソファー通販:運営日記
カスタム検索

PAGETOP