#

HOMEWebディレクターのお仕事>Webディレクターのお仕事:キーワード選定

Webディレクターのお仕事:キーワード選定

Webディレクターが、サイトの構築をする際、最初に行うのは、この【キーワード選定】です。 営業さんから新しい案件が回ってきたら、Webディレクターはまず、このキーワードの選定から始めます。 では、キーワード選定とは、どんな作業を指すのでしょう?ズバリキーワード選定とは、 そのサイトのメインとして使用する言葉を探し出し、適切なものを選び出す作業の事です。 みなさんも、YahooやGoogleを使用して調べ物をする際に、検索エンジンにキーワードを入れますよね。 その検索エンジンでひっかかり易い言葉を探し、自分のサイトにその言葉をたくさん盛り込むことにより、 情報を欲する適切なユーザーを自サイトに呼び込めます。 その為の、言葉を探していくのがこの【キーワード選定】という作業です。 と、言葉で書いても分かりにくいですね…。では、実際の作業工程を見ていきましょう!!

月間検索数を知る

サイトを使用し、キーワードの選定を行っていきます。 まずは、左下側に表示されています゛キーワードアドバイスツール"という欄に、自分が調べたい キーワードを入力します。例えばこのサイトで言えば“Webディレクター”に興味があり、 “Webディレクター” というキーワードを検索エンジンに入力して探してくれるユーザーを求めているので、 その“Webディレクター”というキーワードの 有用性を調べてみます。そうすると、下の様な結果が表示されます。


キーワードの有用性

画像が小さくて申し訳ないですが、表示上は、【1位 Webディレクター 1348件】と結果表示されています。また、2位には【Webディレクター 転職】3位には【Webディレクター セミナー】と続いています。 このサイトでは、上位10位まで表示され、また、GoogleとYahoo!での総検索結果数、ライバルページ数、検索結果に対するライバルページ数により、そのキーワードの有用性が表示されます。これにより、サイトテーマにしたいキーワードが、世間でどれくらい注目されているワードなのかが測定できます。 私も、世間でまだまだ浸透していない【Webディレクター】という職業についても月間で1300回以上検索されている事をこのツールを通じて知り、このサイトの立ち上げを決意しました。


ライバルページを調べる

ちなみに上画像の検索結果から左画像のような通常の検索結果に行く事ができます(画面はYahoo!)。 ここで、現在で上位表示されているライバルページを検証し、このライバルページを 打ち倒す方策を考えたりする訳です。ライバルページがSEO対策をしっかり施している“強敵”なのか、それほどでも ない“勝てそうな相手”なのかを検証し、そのキーワードでサイトを作っていくかを考えていきます。
また、単純に月間の検索結果がそれほど多くないワードでも、そのワードがユニーク(独自性の高い)なものであれば、 高いコンバージョンレート(成約率)を実現できます。このように、世間でのニーズを調べる事も、サイトを構築する上で非常に重要なことなのです。


# Webディレクターのお仕事:ワークフロー Webディレクターのお仕事:キーワード選定 Webディレクターのお仕事:ツリー図作成 Webディレクターのお仕事:ドメイン設定Webディレクターのお仕事:デザイン提案
  • 27歳からのWebディレクター
  • ソファー激安通販 Re:CENO
  • ソファー通販:運営日記
カスタム検索

PAGETOP